「深層筋こりほぐし! 京都No1」 腰痛 肩こり治療専門店 田中治療院です。宇治市で唯一、本格的な吸玉・カッピングをしています

ホーム > 吸玉療法(カッピング)

吸玉療法(カッピング)


吸玉療法(カッピング)

カッピングってこんなのです!

コリや痛みをやわらげるだけでなく、健康増進にも優れた吸玉療法(カッピング)!
当院は、吸玉療法(カッピング)の普及に努めています。

吸玉療法は「汚れた血液」「つまった血管」を吸玉カップで吸い上げ、新しい血液の流れを作ります!

 

吸玉療法(カッピング)は、このような方にオススメです!

1,肩こり…肩がつまる、肩が痛いなど
2,腰痛…腰がだるい、腰が重いなど
3,背部痛…背中がこる、痛い、肩甲骨がつる、息がつまる
4,冷え性…手足が冷たい、腰が冷えてトイレが近いなど
5,肌荒れ…背中にニキビや吹き出物ができる、皮膚が黒ずむ
6,胃腸が弱っている…胃炎や胃酸過多、便秘など

 

吸玉療法(カッピング)、7つの効果!

【1】血液をきれいにすることが最大の特徴!

吸玉療法(カッピング)の最大の特徴になっているのは、血液に対する作用です。

それは、血液の浄化と血行の促進です。
健康を保つ上でもっとも大切な役割を果たしているのは血液です。

私たちは血液を常にきれいな状態に保たなければいけません。
吸玉療法はそのために絶大な効果を発揮します。

 

【2】吸玉療法(カッピング)、7つの働き!

吸玉療法の効果はいろいろな形であらわれますが、大きくわけると次のようになります。

1,血液をきれいにする
2,血行を良くする
3,血管をはじめ組織を強化する
4,皮膚の若さを保つ
5,関節の働きを円滑にする
6,内臓諸器官を活発にする
7,神経を正常に調整する

 

【3】 有害成分を追い出す強い見方 (デトックス効果!)

吸玉(カッピング)施療後、患者さんの身体からカップをはずした瞬間、ものすごい臭いがすることがあります。

それは悪臭のある分泌物で皮膚がヌルヌルした状態になっています。

これは、吸玉療法によって体内から有害な成分(老廃物や炭酸ガス)が急速に排出されているからなんです。

血液が運び出す老廃物の大部分は腎臓で分離され、尿として排出されますが、皮膚からも汗や皮脂に混ざって排出されます。

吸玉療法はこういった働きも大いに助けます。

 

【4】コレステロールも洗い流す血管の掃除屋!

吸玉で施療した部分の血管はふくらみ、血液の流れる量も早さも増大します。

これで流れの悪かった血管も開き、血行の障害が取り除かれます。

血管に湯アカやサビのようにへばりついたコレステロールなどが綺麗に洗い流されるので血管の硬化や血栓の予防ができます。

吸玉療法の効果はかなり深部まで及ぶので深部の鬱血や悪血(おけつ)を皮下まで吸い上げることで血管に新たな通りができて、綺麗な血液にすることができます。

 

【5】内臓の働きを良くし、便秘知らずに!

吸玉療法は、胃や腸などの消化器にも直接影響を与えます。

「血行促進」による間接的な効果とともに胃や腸のぜん動運動を助け、消化液の分泌を活発にして消化・吸収・排泄の機能を強める働きがあります。

 

【6】現代人のストレス解消!

浄血、血行促進、内臓諸器官への刺激などのほかに、吸玉療法のもうひとつ重要な役目として、神経系への刺激があります。

神経を正常に働かせることによって、前述の効果が一段と増幅されることになるのです。

首から腰まで背骨に沿って吸玉施療するのはそのためです。

交感神経や副交感神経などの自律神経を刺激して正常化させれば、その支配下にある諸器官に好影響を与えることになるからです。

現代人にとって避けることのできないストレスは、胃潰瘍や高血圧症の大きな原因になりますが、吸玉療法の神経系への刺激は異常な緊張をときほぐして風呂上りのようにリラックスさせることができます。

 

【7】吸玉(カッピング)痕によって内臓の働きがわかる!

吸玉療法で跡がつくのは、汚れた血液(皮膚下の毛細血管が毒素と粘着性のあるタンパク質を放出したもの)が皮下に溜まるからです。

不調のある部分ほど内臓機能が低下、新陳代謝も悪くなっています。
その状態は、吸玉施療後の色の出方に表れます。

 

吸玉療法(カッピング)Q&A

Q1 吸玉療法はなぜ効くの?

1,皮膚を吸引することで、炭酸ガスの排泄をします。
2,皮膚呼吸を手伝い、肺呼吸のガス交換の手伝いをします。
3,酸欠状態になった細胞に酸素の供給を行います。
4,皮膚を吸引することで、皮膚の老廃物を排泄します。
5,炭酸ガスのガス抜きをすることで内臓の活性化が行われます。

 

Q2 なぜ吸玉(カッピング)痕の色は赤くなるの?

吸引後、そこに丸い跡が付きます。
その場所と色で、どの程度の機能低下があるか見当がつきます。
色はほぼ4種類に大別できます。
血液の汚れの状態
1,薄いピンク色
2,あざやかな赤色
3,黒っぽい赤色
4,暗い紫色

1,2がもっとも弱く、3,4は反応が強い状態です。

一般に反応が強いほどその場所に相当する内臓の機能低下が見られます。




今すぐ!お電話ください!


予約専用番号
TEL 0774-22-1684
おかけ間違いのないようにお願いします。
営業時間は午前9時~午後8時まで。
休日は、日曜日・祝祭日です。

当日のお電話でのご予約が承り辛くなっております。
申し訳ございませんが前日までにお電話いただきますよう、お願い申し上げます。


main

この改行大事→
main_box