エントリー

2019年06月の記事は以下のとおりです。

第八十一難

◆八十一難曰

経言.
無実実虚虚.損不足而益有餘.
是寸口脈耶.
将病自有虚実耶.
其損益奈何.
然.
是病非謂寸口脈也.
謂病自有虚実也.
仮令肝実而肺虚.肝者木也.肺者金也.金木当更相平.当知金平木.
仮令肺実而肝虚微少気.用鍼不補其肝.而反重実其肺.故曰実実虚虚.損不足而益有餘.
此者中工之所害也.

 

第八十一難 虚実証に補瀉を誤用した後の結果を論ずる

【書き下し】
八十一難に曰く
経に言う、
実を実し虚を虚し、不足を損して有余を益すこと無かれ、と。
是れ寸口の脈なり耶(や)。
将(は)た病に自ら虚実有り耶。
其の損益奈何。

然り
是れ病なり、寸口の脈を謂うに非ざる也(なり)。
病に自ら虚実有るを謂う也。
仮令えば肝実して肺虚す、肝なる者は木也、
肺なる者は金也、金木当に更々相い平らぐべし、当に金 木を平らぐることを知るべし。

仮令えば肺実して肝虚す、微少の気なるに、針を用いて其の肝を補わず、而るに反って重ねて其の肺を実す、
故に実を実し虚を虚し、不足を損して有余を益すと曰う。
此(か)くなる者は中工の害する所也。

  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

ようこそ当ブログへ
2050/12/31 12:59
第四十七 鑒遠
2020/07/14 22:51
第四十八 忘知
2020/07/14 22:38
第四十九 任徳
2020/07/14 22:33
第五十 貴生
2020/06/26 14:03